Posted by at

気管支喘息

2017年11月15日

今回は私が気管支喘息になり、体調を崩した時のことをレポさせて頂きます。



私は現在年齢は47歳です。仕事がパートで事務系の仕事をしています。
既婚者で子供もおります。



私は幼少時代から気管支喘息の持病を持っていました。



小学生になる前には救急で病院に運ばれて入院をしていた事もありましたが、
成長と共に喘息は完治へと向かっていました。



ところが26歳で結婚をして出産をした後から、気管支喘息の症状が出るよう様になったのです。



しかも、幼少時代の時よりもその症状は酷くで、吸入器(気管支拡張剤)が
手離せない状態になってしまったのです。



そして40歳目前になると、気管支喘息の症状が強く出てしまい、
子供の時の様に救急で病院のお世話になってしまったのです。



幸い、点滴などで症状を抑えられたので、自宅での静養を許可されました。



しかし、家は夫が家をよく空ける仕事に就いている上に、当時は息子が
運動部に所属にしていたので、お弁当に加えて、土日のお茶当番で
グランドへよく借り出される生活をしていたので、とてもその時の私の状態では
生活をすることは困難で、遠方に住んでいる、私の母に来てもらい生活が成り立ちました。



合計3ヶ月間私の母親が、家事を全てやってくれたので、本当にその時は助かりましたが、
週に3回の通院(吸入器を吸いに)と、自宅での拡張剤と、漢方薬投与、とにかく安静にして、
階段の登り降りや、走ったりする事や自転車に乗ることを禁止された生活を送り、
段々と完治へ向かいました。



何とか3ヶ月間で通常の生活の復帰できましたが、最後は私の母も(当時67歳)
看病疲れや家事疲れがあり、一杯一杯だったと思うので、3ヶ月間で完治へ向かい
良かったです。



現在は漢方薬などを使って、喘息は出ることが無くなったので
普通に生活をおくれております。



喘息の場合、とにかく安静にしてることが一番なので、看病してくれる人が
生活の全てのことしてもらわないといけないので、本当に感謝しています。


  


Posted by リップ at 15:21Comments(0)体のケア

心のメンテナンスを意識することの大切さ

2017年06月29日

仕事や人間関係のことなどで、日々ストレスを感じながら
生活している女性は多いと思います。


そしてこのストレスというものは女性の健康の大敵です。


ストレスが原因で発症する病気もたくさんありますし、
ストレスは美容面においても悪影響を起こします。


そこで私は、日々の生活の中で、心のメンテナンスを
しっかりすることを大切にしています。


忙しいからといって仕事のことばかり考え込んだりするのではなく、
そういう時こそ、自分の心地よい時間を過ごすのです。


例えば気持ちがポジティブになるようなお気に入りの映画を観たり
読書をしたり、お風呂で音楽を聴きながらゆっくりお湯につかったり、
過剰なダイエットは避け、食べたい時に食べたいものを食べることもあります。


また、行ってみたい場所があれば多少お金がかかってでも
即実行に移すこともあります。


仕事が忙しいのに自分のやりたいことをやったり、ダイエット中なのに
甘いものを食べてしまったり…ということに罪悪感を持ってしまう人は
多いでしょう。


中には「根性がない」や「逃げ」だと解釈する人もいるでしょう。


しかし、これはやるべきこともやらずに単に欲望のままに生きる
ということとは全く別です。


例えば、仕事で忙しく人間関係でも悩みがつきない…といった
状況においてまで、「甘いものを欲するけどダイエット中だから
絶対に食べない」ということをしていたのでは余計にストレスが溜り、
心身ともに健康から遠のきます。


また、例えば自宅にて片づけなければいけない仕事や家事が
たくさんあるとします。


だからと言って、他のことを全くしてはいけないという訳ではありません。


バランスを観ながら時間を決めて、好きなことをする時間を設けることで、
かえってスッキリとした気持ちで効率よく、やるべきことに戻れるものです。


最近の女性を見ていると、真面目で努力家であるが故に、色々と制限してしまい
自分を苦しめてしまっている方が多いような気がします。


サプリを飲んだり食事制限をしたりジムに通って運動をしたり…とフィジカル的に
健康を整えるのももちろん意味のあることですが、疎かにしがちなメンタルの
バランスも意識することで、心身ともに健康な生活に繋がると思います。


私自身、「やる時はしっかりやるけれどこまめに自分にとって心地よい時間を過ごす」
「我慢しすぎない」といったことを意識しつつ日々生活しているのですが、
ありがたいことに大病をしないだけでなく風邪や何かしらの不調で病院にかかる
ということも全くありません。


ストレス社会と言われている現代、落ち込むことや悩むことに直面することも
あると思いますが、あまり考え込み過ぎず、上手に息抜きをしながら
自分の心のメンテナンスを意識することで、真の健康に繋がることを
実感している日々です。

  


Posted by リップ at 13:36Comments(0)体のケア

毎日飲むものを変えて健康に

2017年05月23日

私は人よりも水分をとることが多く、水だと味気ないなと思うと
緑茶やほうじ茶などを選んで仕事中も頻繁に飲んでいました。


でも、せっかくならその毎日飲んでいるものを健康的なお茶に変えたら、
身体に良いんじゃないかと考え始めました。


いろいろと調べてみると、カフェインの取りすぎは女性にはよくない
ことがあるということがわかりました。


血行が悪くなり冷え性になったり、貧血や肌への影響もあり、
特に妊娠を考えている場合や妊娠中も摂取しない方が良いと
言われていますよね。


そんな私がずっと飲んでいたものは緑茶やほうじ茶、紅茶…
そしてたまにコーヒーと、どれをとってもカフェインが多い飲料
ばかりです。


でもノンカフェインの手軽に飲めるものって何かあるのだろうか?
私は全く知識がありませんでした。


そこでたどり着いたのがルイボスティー。
ノンカフェインでこんなにも女性の身体に良いが詰まったお茶が
あるなんてこと、はじめて知りました。


ルイボスティーは新陳代謝をよくしてくれ、肌の生まれ変わりの
手助けをしてくれます。


そして妊活中の人にも最適な飲み物で、卵子の質を上げてくれる
そうなんです。


女性特有の悩みをほとんどすべてカバーしてくれる優れもので、
このお茶を毎日飲んでいた水の変わりに飲めば、身体に良いこと
ずくめじゃないか!と私はさっそく買って試してみました。


ルイボスティーをはじめて飲んでみて、そしていろいろなルイボスティーを
飲んでみて思ったことですが、けっこう味が独特なんです…。


もしかしたら苦手な人もいるかもしれません。


これは商品によってもだいぶ差があり、自分の口に合うものを
探すことも大事だなと思いました。


幸い私は嫌いな味ではなかったので、その中でも好きな
やんわりした味のものと出会いずっと飲んでいます。


いろいろな種類がありますが、Tパックのものだと仕事中でも
手軽に飲むことができ、さらに100パック入って格安で売っていたりするので、
経済的に健康になれるお茶だなと思っています。


  


Posted by リップ at 12:15Comments(0)体のケア

貧血を改善して、血流をよくした体験談

2017年02月18日

会社の健康診断で血液検査をしたとき、
ヘモグロビン値が7の鉄欠乏性貧血状態であることが分かりました。


一年前に検査したときは9で、やや貧血気味だから食べ物など
工夫してみてねと言われて積極的に大豆製品やレバー、
小松菜などを食べていたのにも関わらずこの結果でした。


自分では貧血が進んでいるとは思わなかったので驚きましたが、
思い起こせば階段を上るときに息切れがしたり、いつもより
疲れやすかったりという症状があった気もします。


年齢のせいかなと気に止めずにいたのが悪かったようです。


脳の健康にはこちらが良いらしいです。

プラズマローゲン


定期的に健康診断に来ていて良かったと思いました。


その後貧血の治療を勧められ、内科に通うこととなりました。


取り合えず鉄剤を服用してヘモグロビン値が上がるかどうか
試すそうです。


鉄剤としてフェルムカプセルと、胃薬用にテプレノンを
処方して頂きました。


鉄剤は胃を荒らしやすいらしく、胃潰瘍を経験したことのある私
は胃薬も一緒に出してもらいました。


鉄剤は飲むと気持ち悪くなる、下痢になるなどの副作用を
感じる人が多いと聞きドキドキしていましたが、
幸い私は何も感じませんでした。


看護師の義姉に前以て、食後お腹一杯の状態で飲んだ方が
気持ち悪くなりにくいと教えてもらったお陰かもしれません。


とにかく先生の指示通りに毎日昼食後に飲み続けました。


一ヶ月後、血液検査するとヘモグロビン値は8になっていました。


毎日服用しているわりには変化が少ないと先生は言っていましたが、
少しは上がっていたのでもう少し続けて様子を見ることになりました。


そして翌月再び検査を受けると、11まで上がっていました。


その頃には鉄剤を飲み始める前より体がずっと軽くなっていて、
私自身も体調の良さを実感していました。


長い期間貧血状態でいるとそれが普通だと錯覚してしまうようですが、
こうして改善されると全然違うのだと分かりました。


ただ貧血はまた繰り返す恐れがあり、最低でも半年間は
鉄剤を飲んだ方が良いそうです。


鉄分は普段から食事やサプリメントで補うことが
大切かもしれませんが、健康に関する大事なことなので
女性には是非定期的に検査を受けることをお勧めします。

  


Posted by リップ at 16:51Comments(0)体のケア

コレステロール値が高い

2017年02月10日

よく加齢に伴ってコレステロールが高くなると言われていますが、
私の場合は健康診断を始めて行った20代前半の時から
コレステロールが基準値を上回っています。

少しなので治療をとは言われないのですが、食生活を含めて運動をするなどして
生活習慣を改善しましょうと書かれてしまいます。

しかし食生活を考えていてもコレステロールを摂 りすぎてはいませんし、
どちらかというとあまり食事量は多くなく、カロリーも控えめです。

運動については運動はしていませんが、幼稚園の送り迎えで合計すると
一日1時間程度は歩いていますし、5歳児と1歳児の育児で体も動かしているつもりです。

それでもなぜコレステロールが引っかかるのか自分でも不思議なぐらいです。

私の伯母や祖母もコレステロールで引っかかり内服治療をしているのですが、
特に食生活が乱れていると感じることはありません。

その為に私のコレステロールも遺伝的に、コレステロールが高いような
体質を持っているのではないかなと思います。

この間受けた健康診断の結果はやはりコレステロールが高めでした。

30代半ばにして血がど ろどろなのは困りますし、加齢とともに悪化していき
動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などにつながったら嫌だな
という風に恐れています。

今までは積極的にコレステロールの治療をしたことがなかったのですが、
近々健康診断の結果を持って内科に受診に行こうと思います。

そこでなぜ私のコレステロールが高くなっているのか、どうしてコントロールしたら
良いのかを聞こうと思いますし、これから先も長生きするために
生活習慣病には気をつけていきたいと思います。

かかろうと思っている病院は生活習慣病の改善に力を入れているようで、
早く受診して相談したいと思っています。

来年の目標は健康診断でコレステロールに引っかからないことです。  


Posted by リップ at 19:07体のケア